フレッシュヤング

by これすてろーる☆れこーず

/
  • Streaming + Download

     

1.
2.
3.
4.

about

「Free Download」をクリックするとダウンロード画面へ移動します。
その後表示される「Download」をクリックしてダウンロードできます。
(アルバム単位でダウンロードします)

歌詞は各曲のタイトルをクリックして見ることができます。

ニコニコ動画の公開動画リスト(ボカロ曲以外も含まれています)
www.nicovideo.jp/user/14001209/video

credits

released March 17, 2012

tags

license

all rights reserved

about

これすてろーる☆れこーず Okinawa Prefecture, Japan

作曲担当のpolygon prompt(twitter:@jellia59)と、作詞担当のひじき(twitter:@K_A_N)によるボカロ曲製作ネットレーベル。沖縄から世界へヘンチクリンなボカロ曲を配信します。

contact / help

Contact これすてろーる☆れこーず

Streaming and
Download help

Track Name: ステルスライフ
毎日そんなにやることない 酒もタバコもやってない
趣味も特技も特に無い 家に帰ると寝るしかない
ワクワクすること特にはない 気持ちが顔に出てこない
休みの日でも外にでない 着信履歴に何もない

着る服は特にこだわりない 車も今は欲しくない
流行りの歌とかよく知らない テレビは未だにブラウン管
最近だれとも遊んでない コンビニ以外じゃ喋らない
遠い昔の武勇伝 いくら辿っても出てこない

ステルスライフ
これは修行か何かですか? 存在感のかけらもない
きっとだれにも気付かれずに なんとなく生きて死んでいく

好きな人とか特に居ない 浮いた話が一つもない
そういや異性に興味がない そもそも他人と話さない
ちっちゃな頃から喋らない 目立つようなことしたくない
ちょっぴり構ってほしいけど ダルくて誰とも会いたくない

トラウマないけど誇りもない ハートとボディがだらしない
生きる意味とか興味がない 明るい未来はノーセンキュー
一生こたつにこもってたい 息をするのもめんどくさい
やる気は欠片もありゃしない 冬眠したまま朽ち果てたい

ステルスライフ
これは修行か何かですか? 存在感のかけらもない
きっとだれにも気付かれずに なんとなく生きて死んでいく

めんどくさい やる気ない 正直現実見たくない
めんどくさい やる気ない 私は海の貝になりたい・・・
Track Name: 自動トイレは人をダメにする
車のラジオから大好きな歌が流れた
大声で歌ってたら窓が全開だった
オーディエンスは道行く人達
雨も降ってきて 車から降りれない

大丈夫 全部聴かれてるから
あの歌も この胸の鼓動も
大丈夫 雨が流してくれる
自動洗浄機能付きトイレみたいに

勝手に流さないで まだ用は済んでないのに
私はここにいるよ
鎮座しているじゃない 主張してるじゃない

大丈夫 誤作動しているだけよ
生きている意味も 私の存在も
大丈夫 雨が流してくれる
自動洗浄機能付きトイレみたいに
Track Name: フレッシュヤング
ウンチクだらけのおっさん やたらと細かいおっさん
他人に厳しいおっさん 根っからオタクのおっさん

若い奴らにドヤ顔したくて 知識自慢するオタク
興味なさげにあくびをしても 奴の口は止まらない

ああああああああ めんどくさいオタクのおっさん
ああああああああ マジでうざい昭和のおっさん

言い訳だらけのおっさん いつでも汗だくおっさん
滑舌の悪いおっさん 年中ロンゲのおっさん

金はあるけど友達少ない 独り言多いオタク
人の話に否定で割り込み 俺のルール押し付ける

ああああああああ めんどくさいオタクのおっさん
ああああああああ マジでうざい昭和のおっさん

おまえは何にも解ってないとか
その程度じゃオタクと呼べないとか
全然浅いと鼻で笑うとか
お前は一体何様だ?
それはアレの二番煎じだろとか
評論家気取りで語りだすとか
世間はこんなの求めてないとか
お前はしばらく黙ってろ

ああああああああ めんどくさいオタクのおっさん
ああああああああ マジでうざい昭和のおっさん
Track Name: Tiffeny in the Cloud with Plastic
雲の向こうの虹のように
音のきらめき空へ伸びていく
ヘッドフォンもって出かけよう
ポケットにキラキラを詰めて
ほら 君の手にあるプラスティックの中
ほら ジミがゴキゲンでギターかき鳴らす

屋根に落ちる雨の粒で
今日も世界は音で溢れる
キレイな傘さして行こう
足元の水たまり飛び越え
ほら 君の手にあるプラスティックの中
ジョンがピアノの上でリンゴかじってる

夜の星のシグナルの下
街のどこかでみんなが踊ってる
ちょっとだけおしゃれしたら
急ぎ足 人の波かき分け
ほら 君の手にあるプラスティックの中
レイとカガミがフロアで大騒ぎ

ほら この光の向こうの雲の上で
飛び交うよ 幾千のメロディたちが

ほら 無数の記憶の中の景色が
溢れてきて世界をカラフルにしていく
まだ 聴いたことのない歌があるから
さあ行こう 大きな虹のかかる雲へ